旭川電気軌道株式会社
運輸安全マネジメント
1.輸送の安全に関する基本的な方針
2.輸送の安全に関する目標およびその達成状況
3.自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計
4.輸送の安全に関する組織体制および指揮命令系統
5.輸送の安全に関する重点施策
6.輸送の安全に関する計画(平成29年度)
7.事故、災害等に関する報告連絡体制
8.輸送の安全に関する教育および研修の計画
9.輸送の安全に関する内部監査結果、措置内容
10.輸送の安全に関する予算および実績
11.安全統括管理者
12.安全管理規程
   ・旭川電気軌道では、お客様にバス事業を通じて、安全、安心、快適の良質な
    輸送サービスを提供し、地域社会から信頼される健全な企業を目指します。
   ・安全輸送を第一に確保し、そのさらなる向上に積極的に取り組んでまいります。
   ・毎月22日を安全宣言の日と定め、事故防止に関する意識の高揚の日としています。
1.輸送の安全に関する基本方針
〜 安 全 宣 言 〜
ヒヤリ・ハットの教訓を生かし、安全の信頼に応える運転に努めます。
(1)社長は、輸送の安全の確保が事業運営の根幹であることを深く認識し、社内における
   輸送の安全の確保に主導的な役割を果たします。また、現場における安全に関する
  声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を踏まえつつ社員に対し輸送の安全の確保が
  最も重要であるという意識を徹底させます。
(2)輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善のサイクルを確実に実施する
   ことにより、安全対策を不断に見直し、全社員が一丸となって事業を遂行することによ
   り、絶えず輸送の安全の向上に努めてまいります。
   また、輸送の安全に関する情報については、積極的に公表いたします。
情報公開へのリンク
・2014年度バリアフリー教室に参加しました
2.輸送の安全に関する目標とその達成状況
(1)平成28年度の輸送の安全目標および達成状況
   @重大事故をゼロにする。
                達成状況
重大事故 目 標 実 績
0件 0件
※  達 成
   A有責事故の前年度対比50%減
               達成状況
有責事故 発生件数 前年発生 減少率
23件 35件 66%
※  未 達 成
(2)平成29年度目標
   @重大事故を発生ゼロにすること。
   A有責事故発生件数を20件以下に減少すること。
3.自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計
   平成28年度            0 件
   
4.輸送の安全に関する組織体制および指揮命令系統
   輸送の安全に関する組織体制および指揮命令系統は、別紙(1)のとおりです。
5.輸送の安全に関する重点施策
(1)輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関連法令および安全管理
   規程に定められた事項を遵守いたします。
(2)輸送の安全に関する経費支出および投資を積極的かつ効率的に行うよう努めます。
(3)輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置または予防措置を講じます
(4)輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を共有し
   確実かつ迅速に伝達いたします。
(5)輸送の安全に関する教育および研修に関する具体的な計画を策定し、これを適確に
   実施いたします。
6.輸送の安全に関する計画(平成29年度)
   輸送の安全に関する計画については 別紙(2)のとおりです。
7.事故、災害等に関する報告連絡体制
   事故、災害等に関する報告連絡体制については 別紙(3)のとおりです。
8.輸送の安全に関する教育および研修の計画
   輸送の安全に関する教育および研修の計画については 別紙(4)のとおりです。
9.輸送の安全に関する内部監査結果、措置内容
(1)監査日 平成29年9月下旬 平成30年3月中旬に実施予定
(2)監査員 総務部長
(3)監査内容 @運輸安全マネジメントの運営状況
A目標の達成度合
B計画の進捗状況
(4)監査結果・措置内容
 内部監査について
 平成28年度の運輸事業安全マネジメントの遂行に対する内部監査を実施しております。
 実施日 
 10月22日
 10月30日
  3月29日
  3月30日
 実施者
    監査リーダー 取締役総務部長   尾崎庄一
    監査員     交通対策監査室   松谷龍雄
 内部監査結果
@ 安全に関わる「基本方針」,、「重点施策」や「各種事故防止実施」に関する計画が示され、更に新たな 「重点安全目標」が掲示され全体的に周知徹底されている。また、安全投資においてもトップの積極関与が確認されました。
A 安全管理体制の構築においては、各種の会議体での意識徹底が図られており、待機場所、設備等の改善と維持、要員の確保と健康管理や作業環境の快適化に向けた取組みが確認されました。
B 輸送の安全に関する目標が未達成であり、新年度においてはヒューマンエラーによる車内人身、車両単独事故等の絶無を期すため、乗務員教育を含めた諸施策を効率的に行っていくことが重要である。
10.輸送の安全に関する予算および実績
   平成28年度の実績 (単位:円)
カラー式バックカメラ(貸切車) 326,000
LEDヘッドランプ(116台) 3,828,000
適正診断受診 170,000
液晶運賃表示器(事故防止用) 3,400,000
 バス車内マイク 420,000 
 産業医検診・がん検診・
インフルエンザ等
2,700,000 
    平成29年度の予算 (単位:円)
安全対策用掲示板 30,000
適正診断受診 170,000
液晶運賃表示器(事故防止用) 1,425,000
 産業医検診・がん検診・
インフルエンザ等
2,700,000 
11.安全統括管理者
   運輸事業部 蟹谷  正
12.安全管理規程
   当社の安全管理規程は 別紙(5)のとおりです。