旭川電気軌道バスのあれこれ







登録ナンバー 旭川230 い 2013号車(共栄所属)

2016年新規導入(空港線専用)

車名 いすゞエルガ

型式 QRG-LV290Q1

ミッション AMT



空港連絡バス専用に車いす対応ノンステップバスを導入しました。

一般路線バスよりも座席を多く配置しています。

収納式スロープを装備していますので車いすを使用したままでも乗降できます。

大きな手荷物を収納するための荷物棚を車内前方に設置しています。

日野ブルーリボンも同仕様にて導入し、低床車は2台体制で運行しています。。
登録ナンバー 旭川230 あ 2002号車(共栄所属)

2013年新規導入(a.bus標準色)

車名 三菱エアロスター

型式 QKG-MP37FM

全長 11.010mm

全幅 2.490mm

全高 3.110mm

ホイルベース 5.300mm

エンジン 6M60 7.545cc(6AT)

出力 199kw(270ps)/2.500rpm

トルク 785N・m(80kg・m)/2.400rpm

車両重量 10.860kg

定員 75人(着席28人)

27インチ型液晶運賃表示機を装備

平成9年以降ノンステップバスと言えばa.busカラーです。

このタイプのバスは2台導入しました。
登録ナンバー 旭川230 あ 2003号車(共栄所属)

2014年新規導入(90周年記念色)

車名 三菱エアロスター

型式 QKG-MP38FM

全長 11.260mm

全幅 2.490mm

全高 3.070mm

ホイルベース 5.550mm

エンジン 6M60 7.545cc(6AT)

出力 199kw(270ps)/2.500rpm

トルク 785N・m(80kg・m)/1.100-2.400rpm

車両重量 10.810kg

定員 77人(着席28人)

HIDヘッドライト・LED室内灯・LED車外照明・27インチ型液晶運賃表示機を装備

昭和60年以降現在ツーステップバスでお馴染みの通称赤バスカラーをノンステップバスで導入。

このカラーでは5台導入しました。(2006〜2009号車は春光所属)
登録ナンバー 旭川230 あ 2004号車(共栄所属)

2014年新規導入(90周年記念色)

車名 三菱エアロスター

型式 QKG-MP38FM

全長 11.260mm

全幅 2.490mm

全高 3.070mm

ホイルベース 5.550mm

エンジン 6M60 7.545cc(6AT)

出力 199kw(270ps)/2.500rpm

トルク 785N・m(80kg・m)/1.100-2.400rpm

車両重量 10.810kg

定員 77人(着席28人)

HIDヘッドライト・LED室内灯・LED車外照明・27インチ型液晶運賃表示機を装備

昭和43年旭川バスと合併以降昭和50年代まで在籍していたカラーの復刻です。

当時はカミナリバスと呼ばれていたとの話も。

このカラーは1台のみ。見かけたらラッキーかも?


現役時代の写真


現役時代の写真
登録ナンバー 旭川230 あ 2005号車(共栄所属)

2014年新規導入(90周年記念色)

車名 日野ブルーリボンU

型式 QKG-KV234N3

全長 10.925mm

全幅 2.490mm

全高 2.980mm

ホイルベース 5.300mm

エンジン 6HK1-TCS 7.790cc(6AT)

出力 221kw(300ps)/2.400rpm

トルク 981N・m(100kg・m)/1.450rpm

車両重量 10.500kg

定員 77人(着席28人)

LED室内灯・LED車外照明・27インチ型液晶運賃表示機を装備

平成初頭まで在籍していたお馴染みカラーの復刻です。

当時は縞バスと呼ばれていたという話も。

このカラーは1台のみ。見かけたらラッキーかも?
底床バス車両
旭川電気軌道保有台数 91台

乗合バス保有台数(適用除外申請車両を除く)の約59.5%
(2016年11月現在)
低床バス車内
北海道新幹線開業記念ラッピングバス

道内で10台運行していたうちの1台でした

平成28年3月31日で運行を終了しました
旭川駅バスタッチを出発する旭山動物園ゆき
よく見るとハート型のつり革が・・・

たったの2台にしか付いてないそうです

探してみてください

ボルボ 連接バス

主に学生対策スクール便にて活躍

全長18mの特殊車両であるため通行できる道路や
運行できる期間が限定されていました

冬期間は上り坂で空転したり、故障が頻発していたため
平成16年に引退しました

ふそう MR430
 
昭和42年頃の写真

14番 末広1の2運行

120人乗り

日本でも少数の存在だったとのこと
 
   いで湯号と北海道最高峰旭岳とのコラボレーション

いで湯号は暑い夏も厳しい冬も年中毎日旭岳まで運行しています