( 別紙 4 ) 輸送の安全に関する教育および研修の計画
         輸送の安全に関する教育および研修の計画
(1) 安全衛生委員会(年間12回)・事故防止常任委員会を定期的に実施いたします。 
             
(2) 全国交通安全運動に先立ち、事故防止キャンペーンを展開し、ワッペンの装着などにより
       事故防止意識の啓発に努めます。
(3) 運行管理者・整備管理者に対して、社外での講習会へ参加をし管理の強化を図って
    いきます。
(4) 事故が発生した場合、当該乗務員と個別に面談し、事故防止についての再発防止教育を
    徹底いたします。
(5) アルコール検知器を活用し、お酒に関する不祥事を撲滅いたします。